ニュース一覧

青汁に応用できるポイント

野菜と果物

生の野菜としても使える

ケールはアブラナ科の野菜で、緑黄色野菜の王様とも言われるように、栄養価が非常に高く、ビタミンAやカルシウム、ギャバや食物繊維も豊富です。栄養素は、その成分の特性により吸収されにくいものがあるだけではなく、加齢により吸収力が低下することもあるので、こうした点からも最適となる単一野菜です。年間通して栽培されている野菜で、甘味が出るのは霜がおりる冬となり、葉も肉厚ですから、栄養を出汁ごと摂取できる鍋料理に適しています。また冬と異なり、ビタミン類やカロテン含有量が多くなるのは夏で、やわらかい葉が特徴のカーリーケールならば、生サラダとした食べ方ができます。緑の色が濃く、筋がやわらかく、しおれていないなど、鮮度の良し悪しは朝採れがポイントです。農家さんが持ち寄る直売所を利用することで、生のケールだけではなく、健康食品に位置づけられる青汁、さらにレシピまでもが提供されていることもあります。特にケールは、青汁の材料としてイメージされているため、選ぶ基準は飲みやすさです。ケールの濃い緑色には、抗酸化力や抗炎症作用をもつクロロフィルによって、苦味を舌が感じやすくなります。粉末でも液状でも、苦味を感じにくいのは、急速冷凍での粉砕法が挙げられますが、市販のパッケージには粉砕方法までは記載されていないものです。飲みやすさの基準は、果物や穀物などが配合されたフレーバー系で、苦味に慣れてから、ケールのみの青汁に切り換えるのがおすすめです。

Copyright© 2018 健康維持のためにケールを摂取しよう【沢山の効果が期待できる】 All Rights Reserved.